クレジットカード

【リクルートカードの特典が豪華!】高還元カードを使い倒そう!ETCカードの発行には注意!

【リクルートカードの特典が豪華!】高還元カードを使い倒そう!ETCカードの発行には注意!リクルートカードの特典にはどんなものがあるの?
リクルートカードのETCカードは手数料がかかる?

このような疑問をお持ちの方にご覧いただきたいのが本記事の内容です。

リクルートカードは年会費無料で作成できるにもかかわらず、いつでもどこでも1.2%の還元を享受することができますが、ETCカードは発行手数料がかかるなど、注意すべき点もあります。

当記事ではこのリクルートカードについて、基本情報や特典、注意点、審査にまつわる情報など様々な視点から徹底的に解説を進めていきたいと思います。

現段階で少しでもリクルートカードに関心を寄せている方はぜひ、こちらの内容を参考にしてみてくださいね。

» 年会費無料で使えるおすすめETCカード特集

リクルートカードの特徴

リクルートカード
基本還元率1.2%~
年会費無料
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード無料
新規発行手数料:1,000円(税抜)
※JCBブランドは完全無料
家族カード無料

え!1.2%も還元されるの?」と前のめりになっている方もいるかもしれませんね。

クレジットカードの基本還元率は0.5%が標準であり、1%でもかなり高い方です。

  • 一般的なクレジットカード:0.5%
  • 高還元なクレジットカード:1%
  • リクルートカード:1.2%

この点を踏まえると、1.2%還元を誇るリクルートカードは、節約効果やポイントを重視する方には見逃し厳禁の1枚と言えるでしょう。

リクルートカードの年会費は完全無料

クレジットカードは欲しいけど、ランニングコストはできるだけかけたくない!」という方に嬉しいのが、リクルートカードの年会費は以下の通り、完全無料であることです。

  • 本カードの年会費:無料
  • ETCカードの年会費:無料
  • 家族カードの年会費:無料

これなら初めてクレジットカードを持つ方でも安心して作成することができますね。

ただし、VISAもしくはMasterCardを選ぶ方は、ETCカードを作成する際に、発行手数料として1,000円(税抜)がかかることだけは理解しておきましょう。

リクルートカードの利用でリクルートポイントが貯まる

リクルートカードを利用することで、1.2%のリクルートポイントを獲得することができます。

リクルートポイントって、どんなふうに使えるの?」という声が飛んできそうなので、リクルートポイントの主な用途を紹介しておきましょう。

  • じゃらん
  • じゃらんゴルフ
  • ポンパレモール
  • ホットペッパーグルメ
  • ホットペッパービューティ
  • Oisix
  • Pontaポイントへの交換

ポンパレモールではジャンルを問わず、ありとあらゆる商品が購入できますし、美容室やネイルサロンを利用したいと思った際には、ホットペッパービューティを利用すれば上手にリクルートポイントを消費することができます。

これらの他、Pontaポイントに交換することで、さらに用途を拡大することもできます。

たとえば、PontaポイントはローソンのLoppi引換券と交換することで、その価値を1.5円〜3円に昇華させることができます。日頃からローソンを愛用している方にとっては抜群の使い道ですね。

リクルートカードの充実した特典!年会費無料で1.2%還元も!

もっと詳しくリクルートカードの特典について知りたい!」と思っている方もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、リクルートカードの充実した特典について紹介していきたいと思います。リクルートカードで得られるメリットは以下の通りです。

  • いつでもどこでも1.2%還元
  • 各種電子マネーへのクレジットチャージでポイント2重取り
  • 充実の旅行傷害保険が付帯
  • ショッピング保険が付帯

早速、それぞれのメリットの詳細について解説していきますよ。

いつでもどこでも1.2%還元

リクルートカードはいつでもどこでも1.2%を享受できる高還元率を誇る1枚です。

リアル店舗やネットショップはもちろん、以下のような支払いに対しても還元があるため、毎月安定的にポイントを貯めていくことができます。

  • 携帯電話料金
  • 公共料金
  • 新聞購読料

これだけではありません。

ポンパレモールやじゃらんなどのリクルート系列においては以下の通り、還元率が一気に飛躍するため、一気に大量のポイントをゲットすることも可能です。

  • ポンパレモール:4.2%(1.2%+ポンパレモールでの買い物によるポイント3.0%)
  • じゃらん:3.2%(1.2%+じゃらんnetでの宿泊予約によるポイント2.0%)

こうした基礎知識を踏まえた上で、リクルートカードを愛用すれば、年間で得られる節約効果に大きな差がつきそうですね。

各種電子マネーへのクレジットチャージでポイント2重取り

リクルートカードは各種電子マネーと非常に相性が良く、クレジットチャージに対しても1.2%の還元を享受することができます。

選択する国際ブランドによって、ポイント還元が得られる電子マネーが異なるため、カードを作成する前に以下の表をきちんと確認しておきましょう。

VISA
MasterCard
JCB
nanaco
モバイルSuica
楽天Edy×
SMART ICOCA×

VISAもしくはMasterCardを選ぶ方は、上記の全ての電子マネーに対してポイント還元があるため、非常に使い勝手が良いです。

もちろん、nanacoもしくはモバイルSuicaを普段使いしている方なら、JCBを選択しても問題ありません。

そして鋭い方ならお気づきの通り、クレジットチャージした電子マネーで会計をすれば、ポイントの2重取りが成立します。たとえばnanacoの場合、以下のような具合です。

  • リクルートカードからnanacoへのクレジットチャージ:1.2%のリクルートポイント
  • nanacoでの決済:0.5%のnanacoポイント
    合計:1.7%のポイント還元

リクルートカードの還元率は1.2%と申し分のない数値ですが、さらに還元率が上がるのであればやはり、電子マネーを活用したいですよね。

注意点として、クレジットチャージによってポイント還元が得られるのは、30,000円分までであることは覚えておきましょう。

充実の旅行傷害保険が付帯

リクルートカードには以下の通り、充実の旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険(利用付帯)
保険の種類補償金額
死亡後遺障害2,000万円
傷害治療費用100万円
疾病治療費用100万円
賠償責任2,000万円
携行品損害100万円(3,000円)
救援者費用100万円
国内旅行傷害保険(利用付帯)
保険の種類補償金額
死亡後遺障害1,000万円

リクルートカードは年会費無料にもかかわらず、国内外の旅行傷害保険が付帯しているのは嬉しいですね。

ただし、医療費事情に詳しい方ならご存知の通り、海外ではたった1週間入院しただけでも、一般的なサラリーマンの年収がぶっ飛ぶことも珍しいことはではありません。

この点を踏まえると、リクルートカードに加え、海外旅行傷害保険が自動付帯となっているエポスカードREXカードなどを合わせて作成しておくと、さらに安心と言えるでしょう。

ショッピング保険が付帯

リクルートカードには以下の内容のショッピング保険が付帯しています。

年間補償額200万円
対象期間購入から90日
自己負担3,000円/件
対象となる買い物国内外における全ての決済

年会費無料のクレジットカードに付帯しているショッピング保険の場合、国内の買い物はリボ払いか3回以上の分割払いしか対象にならないことも多いです。

しかしリクルートカードの場合、決済方法は一切気にすることはありません。

全ての買い物に対して補償が適用されるため、特に大切な品物を購入する際には、リクルートカードでの決済を忘れないようにしましょう。

リクルートカードを使う上でETCカードの発行手数料には注意!

ETCカードも合わせて作成したい!」と思われている方に注意していただきたいのが、リクルートカードのETCカードにかかってくる発行手数料です。

あれ?無料で利用できるのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、年会費と発行手数料は別物であることを理解しておきましょう。

JCBブランドなら完全無料

リクルートカードのETCカードは年会費無料ですが、VISAもしくはMasterCardを選択する場合、発行手数料として1,000円(税抜)がかかることは覚えておきましょう。

一方で、JCBの場合は完全無料で利用することができます。

  • VISA/MasterCard:ETCカードの発行手数料は1,000円(税抜)
  • JCB:ETCカードも完全無料

つまり、ETCカードまでを含めて完全無料で利用したい方は、リクルートカードのJCBブランドを選択するか、リクルートカード以外のクレジットカードからの紐付けでETCカードを作成する必要があります。

ちなみに、エポスカードやREXカード、dカードなどはETCカードも含め、完全無料で作成することができるクレジットカードですよ。

リクルートカードは2枚持ちも可能!

数あるクレジットカードの中でも珍しく、リクルートカードは2枚持ちが可能なカードです。

2枚持ちが可能な組み合わせは決まっており、以下の2通りとされています。

  • VISAとJCB
  • MasterCardとJCB

2枚持ち?何の為に?」と思われる方もいるかもしれませんが、リクルートカードを2枚持ちすることの意味合いは2つあります。

  • クレジットチャージで獲得できるポイントを最大化する
  • JCBでETCカードを無料で紐付けし、VISA/MasterCardをメインカードとする

以下、それぞれの項目について詳しく解説していきましょう。

クレジットチャージで獲得できるポイントを最大限にする

リクルートカードは各種電子マネーへのクレジットチャージに対しても1.2%の還元が得られることは前述した通りですが、ポイント還元が得られるのは30,000円分までという制限があります。

ただし、こちらはあくまでも1枚のリクルートカードに対して30,000円分までというルールであり、リクルートカードを2枚作成すれば、それぞれのリクルートカードで30,000円分まで、クレジットチャージでポイント還元を得ることができるのです。

つまり、最大で60,000円分まで、クレジットチャージでポイント還元を得られるということですね。

  • リクルートカードのクレジットチャージで得られるポイント還元は30,000円分まで
  • リクルートカードを2枚作成すれば、最大60,000円分までポイント還元が得られる

あなたは一ヶ月あたり、どれくらい電子マネーを活用するでしょうか。

もし30,000円以上電子マネーを使う見込みがあれば、リクルートカードを2枚持ちする価値は大いにあります。

もちろん、電子マネーの種類は1つに絞る必要はありませんので、この機会にぜひ、利用する電子マネーの金額と種類について考えてみましょう。

JCBでETCカードを無料で紐付けし、VISA/MasterCardをメインカードとする

ETCカードを完全無料で利用したいけど、VISAかMasterCardを持ちたい!」と思われている方にもおすすめできるのが、リクルートカードの2枚持ちです。

リクルートカードのETCカードは、JCBから紐付けする場合は完全無料ですから、JCBでETCカードを無料で作成し、VISA/MasterCardをメインカードとすれば万事OKですね。

もちろん、仮にJCBのリクルートカードを一切利用しなかったとしても、年会費は無条件で完全無料ですから、2枚持ちに関して一切リスクはありませんよ。

リクルートカードの審査難易度・審査にかかる時間

リクルートカードを持ちたいけど、正直審査が心配!
リクルートカードの審査にはどれくらい時間がかかるの?

このようなことが気になっている方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、リクルートカードの審査はそこまで厳しくありません。また、審査も最短数分で完了するケースもあります。

以下、リクルートカードの審査難易度や審査にかかる時間について、もう少し補足を加えていきましょう。

リクルートカードの審査はそこまで厳しいわけではない

リクルートカードの審査に対して不安を覚えている方もいるかもしれませんが、リクルートカードの審査はそこまで厳しいわけではありません。

その理由として、以下のようなリクルートカードの特徴を挙げることができます。

  • リクルートカードは一般カード
  • リクルートカードの年会費は無料
  • リクルートカードは18歳以上ならエントリー可能

ゴールドカードやプラチナカードといったステータスカードは比較的審査難易度が高いですが、リクルートカードは年会費無料で作成できる一般カードです。

それに加え、リクルートカードは18歳以上の方なら申し込みができるため、そこまで年収の多寡が重要視されているわけでもないことが伺えますね。

ちなみに、学生(高校生を除く)や主婦の方でも、信用情報に大きな問題がない限りは、問題なくリクルートカードの審査を突破することができますよ。

リクルートカードは国際ブランドによって審査会社が異なる

リクルートカードの審査について、もう一点抑えておきたいことがあります。

それは、リクルートカードは選択する国際ブランドによって、審査会社が異なるということです。

  • VISA/MasterCard:三菱UFJニコス
  • JCB:JCB

信用情報に問題がない方は、審査会社の違いについて特に構えることもありません。

ただし、それぞれの審査会社が審査を担っている他のクレジットカードをすでに所有している場合でかつ、そのカードをほとんど使っていないなどのケースにおいては少々注意が必要です。

たとえば、JCB一般カードを所有しているのに全く使っていないのであれば、VISA/MasterCardを選択した方が、審査を通過できる可能性は高いと考えることができますね。

リクルートカードの審査は最短数分で終わる

え!審査ってそんなに早く終わるものなの?」と思われる方もいるかもしれませんね。

以下、実際にリクルートカードの審査に臨んだ方の口コミを参考にさせてもらいましょう。

ご覧の通り、人によってはたったの10分で審査が完了することもあるようですね。

もちろん、これはその人の信用情報や申請内容に問題がなかったからです。

過去に事故を起こしてしまった経験がある方や、申請内容に不備がある場合などは、想定以上に審査に時間がかかることもあるでしょう。

リクルートカードの入会キャペーンを活用しよう!

リクルートカードの入会キャンペーン新規入会で最大6,000円相当のポイントがもらえる!

せっかくリクルートカードに入会するのであれば、絶対に見逃したくないのが入会キャンペーンで獲得できるお得な特典です。

ここでは、最大6,000円相当のポイントがもらえるリクルートカードの入会キャンペーンについて、詳しく解説を進めていきたいと思います。

え!年会費無料のクレジットカードに入会するだけで6,000ポイント?」と食いついている方もいることでしょう。

もちろん、6,000円相当のポイントを漏れなくゲットするためには、所定の条件を満たす必要がありますよ。

6,000円相当のポイントの内訳

リクルートカードの入会キャンペーンで獲得可能な6,000円相当のポイントの内訳は以下の通りです。

  1. 新規入会特典として1,000円相当のポイント
  2. 初回利用特典として1,000円相当のポイント
  3. 携帯電話料金の支払い特典として4,000円相当のポイント

ご覧の通り、6,000円相当のポイントは3種類の条件を満たすことで獲得できます。以下、それぞれの条件について、もう少し深掘りしていきますよ。

新規入会特典

新規入会特典の詳細は以下の通りです。

条件カード発行日〜カード発行日の翌月末までに、マイページ内の特典受け取りボタンを押す
特典1,000円相当のポイント
ポイント有効期限ポイント受取日の翌月末

ご覧の通り、新規入会が確定しただけでは、1,000円相当のポイントを受け取ることができません。

必ず、『リクルートカードのマイページ』からログインし、特典受け取りボタンを押すのを忘れないようにしましょう。

初回利用特典

初回利用特典の詳細は以下の通りです。

条件カード発行日の翌日から60日以内にリクルートカードを初めて利用する
特典1,000円相当のポイント
特典付与のタイミング初回カード利用分支払い月の11日頃
ポイント有効期限ポイント加算日の翌月末

初回利用特典を漏れなく受け取る為のポイントは以下の2点です。

  • カード発行日の翌日から60日以内にカード利用をすること
  • カード利用が初めてであること

初回利用特典という名称を見るだけでは必要な条件がわかりませんから、しっかりとこの2点を理解しておきましょう。

携帯電話料金の支払い特典

携帯電話料金の支払い特典は以下の通りです。

条件カード発行日の翌日から60日以内に、対象会社の携帯電話料金をリクルートカードの自動振替で支払う
特典4,000円相当のポイント
対象会社・NTTdocomo
・au
・SoftBank
・Y!mobile
特典付与のタイミング初回カード利用分支払い月の11日頃
ポイント有効期限ポイント加算日の翌月末

ご覧の通り、携帯電話料金であれば何でも良いわけではありません。

特に、最近は格安simを利用している方が多いかと思いますので、対象の会社は上記の4種類であることを事前にチェックしておきたいですね。

入会特典でもらえるのは期間限定のリクルートポイント

ここまでをご覧いただいた方ならすでにお気づきの通り、入会特典でもらえるのは期間限定のリクルートポイントとなっています。

通常のリクルートポイントは、最後にポイントを獲得した月の12か月後の月末まで有効ですが、期間限定ポイントは期限が特に短く設定されているので注意が必要です。

  • 通常のリクルートポイントの有効期限:最後にポイントを獲得した月の12か月後の月末まで
  • 期間限定ポイントの有効期限:数ヶ月程度(キャンペーンによって異なる)

ポイントはお金と同価値がある為、失効してしまうのは非常にもったいないです。

せっかく入会キャンペーンを活用するのであれば、あらかじめしっかりと有効期限を把握しておきたいですね。

今すぐリクルートカードを使い倒そう!

世の中には実に様々なクレジットカードが存在しますが、年会費が完全無料で基本還元率が高いリクルートカードは、節約効果を重視したい方には特におすすめの1枚です。

ここで改めて、当記事のポイントとなる部分をおさらいしておきましょう。

  • リクルートカードは年会費無料で1.2%還元
  • VISA/MasterCardの場合は、ETCカードの発行手数料が1,000円(税抜)かかる
  • リクルートカードは2枚持ちも可能
  • リクルートカードの審査はそこまで厳しくない
  • リクルートカードの審査は最短数分で完了する
  • リクルートカードの入会キャンペーンで最大6,000円相当のポイントがもらえる

せっかくリクルートカードを作成するのであれば、こちらで紹介した内容を参考にしていただき、存分にリクルートカードの魅力を引き出していただきたいものです。

もちろん、入会キャンペーンの特典もしっかりと享受してくださいね。

【初めて作る方へ】ETCカードの作り方と使い方をイチから解説!申込手順を知ってETCカードを活用しよう!
【初めて作る方へ】ETCカードの作り方と使い方をイチから解説!申込手順を知ってETCカードを活用しよう!ETCカードの基本的な作り方や申込みの流れを解説しています。ETCカードはクレジットカードを発行した上で作るのが基本ですが、クレジットカードを作れない方でもETCカードを発行する方法があります。ここでは、ETCカードの作り方から受け取りまで、またクレジットカードを作れない方向けや法人のETCカードについてまで作り方と使い方を詳しく解説しています。...
即日発行ができるETCカード5選|当日に無料で発行できるETCカードや店舗はどこ?
即日発行ができるETCカード5選|当日に無料で発行できるETCカードや店舗はどこ?ETCカードを即日発行する方法をまとめています。ETCカードを即日発行するには即日発行が可能なクレジットカードと合わせて発行しないといけません。イオンカードをすでに持っている場合であれば、イオンカードカウンターでその日のうちにETCカードを発行してもらうことができます。一方で、クレジットカードも合わせて発行する場合はセゾンカード系しかありません。そんなETCカードの即日発行する方法を詳しく解説していきます。...
デビットカードでETCカードは発行可能?!ETCカードを確実に手にする方法を解説!
デビットカードでETCカードを発行する方法!ETCカードを確実に手にする方法を解説!デビットカードでETCカードを発行する方法について詳しく解説しています。結論から言うと、デビットカードでETCカードは発行できません。正確に言えば地方銀行の一つがデビットカードでもETCカードの発行を行っていますが、ほとんどの人は対象になりません。しかし、クレジットカードがなくても、ETCカードを発行する方法があるのです。デビットカードではなく、ETCカードを発行する方法を合わせて紹介していきます。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。